(乱2021 野党の行方)立憲代表選、焦点はグループ 議員約140人で「推薦20人」必要、立候補へ壁

有料会員記事

[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表の後任を決める代表選では、立候補するために国会議員の推薦人20人を集める必要がある。衆参で約140人規模の立憲にとって、推薦人のハードルは高い。自民党のような派閥はないものの、政策や考えの近い議員が複数のグループを作っている。そのグループが、どう動くかも焦点となりそうだ。

この記事は有料会員記事です。残り1118文字有料会員になると続きをお読みいただけます。