(新書)清水唯一朗著『原敬』ほか

有料記事

[PR]

 ●清水唯一朗著『原敬』 初の本格的政党内閣を率いた「平民宰相」原敬は、生前、驚くほど不人気だった。後に政治技術の巨匠などと変わる評価を、日本政治外交史の研究者が追う。原が「決めること」をいとわず生々しい記録を残したことが、「決めること」を避ける私たちを遠ざけた。没後100年、政治との関わり方を考え…

この記事は有料記事です。残り663文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント