(学校に行けない コロナ休校の爪痕:下)大会中止「生きる理由が…」

有料会員記事

[PR]

 「生きる理由がわからない」

 大阪市の母親(43)は昨年の初夏、中3だった娘(15)の部屋で、そう書かれたメモを見つけた。娘が好きな絵を描くノートの後ろの方に、日々の出来事とつらい気持ちをはき出すように書きつづっていた。「何もうまくいかない」

 娘は3月に始まった一斉休校後、不登校になっていた。き…

この記事は有料会員記事です。残り1299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。