(惜別)神宮輝夫さん 児童文学翻訳者・青山学院大名誉教授

有料会員記事

 ■話しかけるような訳文で魅了

 8月4日死去(間質性肺炎) 89歳

 翻訳大国日本に生まれた幸せは、日本語で世界各国の古典や名作が読めることだ。児童文学も例外ではない。

 「かいじゅうたちのいるところ」「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」など、子供時代に夢中になった本を見返すと、その多くに「…

この記事は有料会員記事です。残り630文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載惜別

この連載の一覧を見る