(ひと)林映寿さん 重機を操る災害ボランティア千人育成をめざす

有料会員記事

[PR]

 リンゴ畑の隣にある遊休農地にショベルカーが並び、ヘルメット姿の男女20人が交代でアームを操る。重機の乗車体験や訓練ができる防災パークを長野県小布施町に設け、運転講習を開いている。

 2日間の講習で小型重機の運転資格が得られる。修了者は自身を含め600人を超え、女性が3割に上る。目標は千人だ。「災害…

この記事は有料会員記事です。残り440文字有料会員になると続きをお読みいただけます。