体・神経に傷ない「第3の痛み」、解明進む 「痛覚変調性疼痛」学会が命名

有料会員記事

[PR]

 体の損傷などの明らかな原因がなくても痛みが長引く場合があり、脳の神経回路の変化が影響していることが最近の研究でわかってきた。国際疼痛(とうつう)学会が「第3の痛みのしくみ」として提唱。日本疼痛学会など国内8学会の連合が今秋、「痛覚変調性疼痛」と呼ぶことを決めた。名称の決定で、従来の痛みのタイプとの…

この記事は有料会員記事です。残り818文字有料会員になると続きをお読みいただけます。