(マダニャイ とことこ散歩旅:754)新大橋通り:25 大はしあたけの夕立

有料会員記事

[PR]

 ■かすむ「安宅」、船名が由来

 今の東京都中央区江東区を結ぶ新大橋江戸時代にさかのぼると、歌川広重による、一枚の浮世絵に行き当たる。名所江戸百景の「大はしあたけの夕立」だ。急に降り出した夕立、相合い傘で突然の雨をしのぐ3人組の男、岸へ急ぐ町人が活写されている。

 刷られた浮世絵はヨーロッパに…

この記事は有料会員記事です。残り364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載マダニャイ とことこ散歩旅

この連載の一覧を見る