第5波の感染急減、東大が試算 さまざまな仮説検証 新型コロナ

会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの「第5波」で感染者数が激減したのはなぜか。明快な答えが出ないなか、東京大などのチームはさまざまな仮説に基づき試算した。その結果、デルタ株の感染力が想定よりも低かった▽流行は120日周期で繰り返されている▽医療逼迫(ひっぱく)を恐れた市民がリスク回避行動をとった――ことを考えうる…

この記事は会員記事です。残り627文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。