世界における日本、説き続け 故松山幸雄・朝日新聞社元論説主幹

有料会員記事

 10月30日に91歳で亡くなった朝日新聞元論説主幹の松山幸雄さんは、知性とユーモアを兼ね備えた筆致で、世界における日本と日本人のあり方を説き続けた。戦後を代表する国際派ジャーナリストだった。

 長い占領が終わり、日本が独立を回復した翌1953年に朝日新聞社に入社。戦後民主主義とジャーナリズムの歩み…

この記事は有料会員記事です。残り792文字有料会員になると続きをお読みいただけます。