デクラーク氏死去 南ア元大統領 アパルトヘイト廃止へ導く

会員記事

 南アフリカのフレデリク・デクラーク元大統領が11日、西部ケープタウンの自宅で死去した。85歳だった。デクラーク氏の財団が発表した。今年3月、中皮腫と診断されていた。白人政権の最後の大統領として、アパルトヘイト(人種隔離)政策廃止へと導いた。民主化や改革路線の功績が認められ、故ネルソン・マンデラ氏と…

この記事は会員記事です。残り1426文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。