(乱2021 野党の行方)立憲「刷新」への号砲 代表選に執行部未経験者や女性も

有料会員記事

[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表が12日、正式に辞任したことで、次の代表を選ぶ代表選(19日告示、30日投開票)への号砲が鳴った。「刷新」や「世代交代」、「多様性」などを重視する声が強まるなか、立候補に向けて複数の議員が検討している。▼3面参照

 これまでに出馬を検討していることを表明したのは、小川淳也

この記事は有料会員記事です。残り955文字有料会員になると続きをお読みいただけます。