「防衛大綱」改定へ、会議発足 敵基地攻撃能力も検討 防衛省

有料記事

[PR]

 防衛省は12日、防衛政策の基本方針を示す「防衛計画の大綱(防衛大綱)」などの改定に向け、「防衛力強化加速会議」を立ち上げた。岸田文雄首相の指示を受け、最大の論点である「敵基地攻撃能力」の保有も含め、検討する方針だ。

 会議は岸信夫防衛相を議長に防衛省や自衛隊の幹部らで構成。岸氏は12日の閣議後会見…

この記事は有料記事です。残り352文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!