(天声人語)立憲民主、代表選へ

有料会員記事

[PR]

 衆院選でおきゅうをすえられたのは、与党ではなく、共闘した野党だったのかもしれない。選挙後に実施された本紙の世論調査を見て、そんなふうに思った。質問は「来年の参院選で野党による候補者の一本化を進めるべきだと思うか」▼「進めるべきだ」の27%に対して「そうは思わない」が51%に達した。先の衆院選を特徴…

この記事は有料会員記事です。残り457文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載天声人語

この連載の一覧を見る