(時時刻刻)脱石炭、苦肉の前進 廃止→削減、表現弱める 中印、土壇場で主張 COP26

有料会員記事

[PR]

 13日閉幕した国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)では、産業革命前からの気温上昇を1・5度に抑えることを新たな目標とするなど各国が歩み寄りを見せた。一方、石炭火力発電の廃止では、土壇場で中印の修正要求で表現が後退するなど、国情の違いによる対立も露呈した。(英グラスゴー=合田禄、香取啓介…

この記事は有料会員記事です。残り2169文字有料会員になると続きをお読みいただけます。