「上昇1.5度」合意、具体策は COP26閉幕、石炭火力「削減」明記

有料会員記事

[PR]

 英国で開かれていた国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)は13日、産業革命前からの気温上昇を1・5度に抑える努力を追求するとした「グラスゴー気候合意」を採択して閉幕した。条件付きながら石炭火力発電の削減や、化石燃料の補助金廃止も初めて明記した。各国が連携して対策を加速させることを確認したが…

この記事は有料会員記事です。残り1255文字有料会員になると続きをお読みいただけます。