GDP、再びマイナス成長 米中欧より回復遅れ 7~9月期

有料会員記事

[PR]

 2021年7~9月期の国内総生産(GDP)は、2四半期ぶりのマイナス成長に落ち込んだ。内閣府が15日公表した1次速報は、物価変動の影響を除いた実質(季節調整値)で前期(4~6月期)比0・8%減、年率換算では3・0%減。市場予想(年率0・56%減)を上回る減少幅で、新型コロナの「第5波」の傷の深さが…

この記事は有料会員記事です。残り871文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!