(時時刻刻)応酬3時間半、平行線 米中首脳、オンライン初会談

有料会員記事

[PR]

 米中首脳は初のオンライン会談で、悪化の一途をたどってきた二国間関係の改善に向けた糸口を探った。だが、3時間半に及ぶ会談で浮かび上がったのは、台湾や人権問題での対立の根深さだ。議論が平行線のなか、辛うじて意思疎通の必要性では一致したが、先行きは見通せずにいる。▼1面参照

 ■バイデン氏 支持低迷…

この記事は有料会員記事です。残り1866文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!