軍備管理、米中が対話検討 核弾頭など、首脳会談で一致

有料会員記事

[PR]

 バイデン米大統領の側近、サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は16日、米シンクタンクのイベントで講演し、前日夜のバイデン氏と中国の習近平(シーチンピン)国家主席との会談で、両首脳は核弾頭を含めた軍備管理をめぐる米中対話に向けて取り組むことで一致したことを明らかにした。

 サリバン氏は、中国の…

この記事は有料会員記事です。残り720文字有料会員になると続きをお読みいただけます。