(患者を生きる:4236)大黒摩季のKA・RA・DA:4 情報編 若い頃からの対策大切

有料会員記事

[PR]

 子宮内膜症は20代後半以降、子宮腺筋症や子宮筋腫は30代以降に起こりやすい病気だ。女性のキャリア形成や晩婚化が進む中、こうした病気を抱えながら妊娠や出産に向き合う女性が増えている。

 子宮内膜症は月経血の逆流などが原因で、子宮内膜に似た組織が子宮の内側以外の場所で増える。女性の1割ほどが悩んでおり…

この記事は有料会員記事です。残り901文字有料会員になると続きをお読みいただけます。