米、外交ボイコット検討 バイデン氏が明言 北京五輪めぐり 人権問題に抗議

有料会員記事

[PR]

 バイデン米大統領は18日、米ホワイトハウスで記者団に対し、来年2月の北京冬季五輪をめぐり、自身や米政府当局者が参加しない「外交ボイコット」を検討していることを明らかにした。中国当局による新疆ウイグル自治区や香港での人権問題に抗議するためだ。日本を含めた米国の同盟国の対応も問われることになる。

 …

この記事は有料会員記事です。残り1055文字有料会員になると続きをお読みいただけます。