(短歌時評)蝦名泰洋の短歌観 山田航

会員記事

[PR]

 蝦名(えびな)泰洋・野樹(のぎ)かずみ『クアドラプル プレイ』(書肆侃侃房)は、2人の歌人によって紡がれ続けてきた「短歌両吟」をまとめた歌集。蝦名は1956年生まれで、長く地元青森県で暮らした。93年に刊行した歌集『イーハトーブ喪失』(沖積舎)一冊を残して今年7月、病死した。野樹は91年に短歌研究…

この記事は会員記事です。残り483文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。