立憲、草の根精神を再び 結党の原点、会員が代表候補に問う

有料会員記事

[PR]

 立憲民主党の代表選(30日投開票)で党員らが参加するオンライン討論会があった。4年前に掲げた「市民参加型の政治」「ボトムアップの政治」をめぐって議論。党内には結党の精神が薄れたとの指摘もある。代表選では党の組織拡大や党運営のあり方も問われている。

 「立憲民主党が市民とともにボトムアップ型の政党…

この記事は有料会員記事です。残り829文字有料会員になると続きをお読みいただけます。