極右と左派、決選投票か チリ大統領選、きょう投票

有料会員記事

[PR]

 南米チリで21日、大統領選の投票がある。7人が立候補しているが、決選投票にもつれ込む可能性が高い。また、1990年の民政移管以来、政権交代を繰り返してきた左右の中道勢力が政権の座を失う公算が大きくなっている。

 選挙戦は、左派で元チリ学生連盟会長のガブリエル・ボリッチ下院議員(35)と極右の弁護士…

この記事は有料会員記事です。残り515文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!