改憲ありきの論議、否定 4氏、地方遊説始まる 立憲代表選

有料会員記事

[PR]

 枝野幸男前代表の後任を選ぶ立憲民主党の代表選(30日投開票)で21日、地方遊説が始まった。有権者のうち国会議員約7割の動向が固まっており、党員や地方議員の票の行方が焦点となっている。

 この日は、4人の候補者が札幌市内での街頭演説と討論会に臨んだ。討論会では党員などの参加者から、自民党や日本維新…

この記事は有料会員記事です。残り580文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!