(記者解説)「気候正義」実現への道 不公正の是正、欠かせない市民の力 編集委員・石井徹

有料会員記事

[PR]

 ・「1・5度」が目指すべき共通の目標になったが、実現の可能性は減り続けている

 ・被害の拡大とともに、若者や途上国から「気候正義」を求める声が高まっている

 ・脱炭素社会の実現にはトップダウンではなく、市民の自発的な参加が欠かせない

    ◇

 私たちは、産業革命前の平均気温より1・1~1・2度…

この記事は有料会員記事です。残り2198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!