連合よ、いまこそ労働者を見よ 存在感を高めるには――日本女子大名誉教授・高木郁朗さんに聞く

有料会員記事

[PR]

 連合(日本労働組合総連合会)は、加盟組合員が約700万人。働き手の課題を解決に導くパワーを期待されますが、近年なかなか存在感を発揮できません。どうすればよいのか。約30年前に連合が結成された時の経緯にも詳しい日本女子大名誉教授の高木郁朗氏(82)に聞きました。

 ■政府との過度な協調見直し、賃上…

この記事は有料会員記事です。残り2101文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら