コロナ禍、揺れる地域型芸術祭 リモート制作、「自己否定では」危惧も

会員記事

[PR]

 自然や集落を舞台にした地域型の芸術祭が相次いで誕生してきたが、新型コロナ禍で、会期の変更を迫られたり、地元から不安の声が噴き出したりした。大都市圏や海外から人を招き入れることが難しい事態に直面したことで、芸術祭本来の意義が問い直されている。

 ■集客しにくく

 北アルプスのふもと、長野県大町市で…

この記事は会員記事です。残り1640文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。