ニトリ会長と考えた、学校の未来 生きづらさ抱える子たちと「得意を伸ばそう」

有料会員記事

[PR]

 学校で生きづらさを感じている子どもたちの未来を開くには、どうすればいいのか。家具・インテリア販売大手ニトリホールディングス会長で、発達障害を公表している似鳥昭雄さんと子どもたちの対談が今月14日、東京大学先端科学技術研究センターで開かれた。子どもたちが考えた未来の学校像とは――。

 2014年か…

この記事は有料会員記事です。残り1203文字有料会員になると続きをお読みいただけます。