思いやり予算、2000億円台後半 日米増額調整 来年度以降

有料会員記事

[PR]

 2022年度以降の在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)をめぐり、日米両政府が1年あたりの額を、今年度の2017億円を大幅に上回る2千億円台後半とする方向で調整していることがわかった。自衛隊と米軍の共同訓練のための費用などを積み増す方針。日本政府は同盟強化に貢献するものとして、増額に理解を得たい考え…

この記事は有料会員記事です。残り362文字有料会員になると続きをお読みいただけます。