(けいざい+)国際課税、新ルールへ:2 財務官僚主導、古城で改革議論

有料会員記事

[PR]

 2011年10月。フランス・パリ郊外の古城・エルムノンビル城の一室にOECD経済協力開発機構)の加盟各国の租税スペシャリストが集まった。会合を企画したのは当時、日本の財務省で副財務官だった浅川雅嗣氏(現アジア開発銀行総裁)だ。

 浅川氏はこの年、アジア人として初のOECD租税委員会の議長となった…

この記事は有料会員記事です。残り974文字有料会員になると続きをお読みいただけます。