(いちからわかる!)「子どもアドボカシー」広がっているね

会員記事

[PR]

 ■子どもの権利を守るため、声を聴(き)き、周囲に広げる活動だ

 コブク郎 最近、「子どもアドボカシー」という言葉を聞いたんだけど、どういうものなの?

 A アドボカシーは直訳すると「弁護」や「擁護(ようご)」だけど、そこから、子どもの権利を守るために「子どもの声のマイクになること」という意味で使わ…

この記事は会員記事です。残り672文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

連載いちからわかる!

この連載の一覧を見る