(あすを探る 国際)民主主義再生へ、日本の力を 市原麻衣子

有料記事

[PR]

 12月9、10日に民主主義サミットがオンラインで開催される。これは米バイデン大統領が昨年の大統領選時から提唱してきたものだ。世界において中央集権化、法の支配の弱体化、ジャーナリストや市民社会への抑圧など、自由民主主義が深刻な後退を見せていることを受け、「権威主義に対する防衛」「汚職との闘い」「人権…

この記事は有料記事です。残り1506文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    三牧聖子
    (同志社大学大学院准教授=米国政治外交)
    2021年11月25日12時14分 投稿
    【視点】

    民主主義サミットに対しては、米国はそもそも提唱国たる資格があるのか厳しく問われてきた。2021年7月にピュー・リサーチ・センターが、カナダ、イタリア、ギリシア、スペイン、英国、オランダ、フランス、ベルギー、スウェーデン、ドイツ、台湾、韓国、