(取材考記)エスカレーターの片側空け、困難な実情みた 「止まって乗る」当たり前になれば 高橋健次郎

会員記事

[PR]

 都市部で見られるエスカレーターの「片側空け」の慣習は、急ぐ人のための「マナー」として広がった。ところが、障害のある人らにとっては「困難」につながっている。そんな実情を伝えるため、当事者の男性(49)の電車通勤に同行した。

 男性は40代前半の頃、脳卒中で倒れ、左手と左足にまひが残った。左手ではベル…

この記事は会員記事です。残り721文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。