(インタビュー)「移民国家」になる日本 社会人口学者・是川夕さん

有料会員記事

[PR]

 立ち寄る店で、同僚として、働く外国人を見かけることが普通になった。だが、歴代政権は「移民」という言葉を使おうとはしない。入管施設や技能実習制度などの問題を耳にするたび、受け入れの壁も感じる。それでも気鋭の移民研究者の是川夕さんは、「日本は移民国家への道を歩んでいる」と語る。どういうことだろうか。

この記事は有料会員記事です。残り3520文字有料会員になると続きをお読みいただけます。