(2030 SDGsで変える)海底ごみが映す社会 山口・大津島、清掃に記者が参加

有料会員記事

[PR]

 豊かな海が、ごみに脅かされています。三方を海に囲まれた山口県で10年前から続く海底清掃に記者が参加し、海の底から現状を見つめました。この活動は、SDGs(持続可能な開発目標)の一つ「海の豊かさを守ろう」に深く関わっています。(寺島笑花)

 ■作業90分で440キロ回収、空き缶から車のタイヤまで

この記事は有料会員記事です。残り3103文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!