(日曜に想う)新自由主義の終わりと性善説 論説委員・郷富佐子

有料会員記事

[PR]

 「怒りの行進(マーチ・オブ・フューリー)」。これは、私が生まれて初めて書いた新聞記事の見出しだ。1986年、19歳の時のことである。

 当時はロンドン大の1年で、学生新聞の記者を始めたばかりだった。初取材の日、多数の若者が集まったロンドンの抗議デモを、いまでも鮮明に思い出す。

 「利己的なサッチャ…

この記事は有料会員記事です。残り1494文字有料会員になると続きをお読みいただけます。