(語る 人生の贈りもの)中村敦夫:1 原発事故、表現者として向き合う

有料会員記事

[PR]

 ■俳優・中村敦夫

 俳優、脚本家、大学院の講師……。小説や社会評論を書き、文章でも問題提起を続けました。情報番組のキャスターとして世界中を駆け巡り、政界にも飛び込み、日本初の環境政党をつくろうとしました。本当にいろいろなことをやってきたなあと思います。

 でも人生のたそがれ時に入り、自分が生きて…

この記事は有料会員記事です。残り662文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る