立憲4氏「決選」にらみ 分裂懸念、独自色出せず 代表選

有料会員記事

[PR]

 「本命」不在とされる立憲民主党の代表選(30日投開票)は、泉健太政調会長(47)を軸に、小川淳也元総務政務官(50)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)、逢坂誠二元政調会長(62)が追いかける接戦だ。各陣営は決選投票を見据えた運動を強めている。地方組織からは、衆院選で議席を減らした党の「刷新」や…

この記事は有料会員記事です。残り2320文字有料会員になると続きをお読みいただけます。