(語る 人生の贈りもの)中村敦夫:2 福島へ疎開、B29の轟音の記憶

有料会員記事

[PR]

 ■俳優・中村敦夫

 《父の遠藤節(さだむ)は豪農の長男として福島県郡山市で生まれた》

 地元の農業学校に通ったのですが、農業を継ぐ気はなかったようです。太宰治坂口安吾といった無頼派の作家に憧れて上京し、やがて読売新聞の社会部記者になりました。文筆業では生活できなかったのでしょうね。

 《母の中…

この記事は有料会員記事です。残り678文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る