(私の視点)ペレストロイカと世界 人間の安全保障へ、教訓を ミハイル・ゴルバチョフ

有料会員記事

[PR]

 ソ連でペレストロイカ(再建)という変化が起きてから35年以上が過ぎた。その目的は、人間を解放し、人間を自らの運命や自国の主人公にすることだった。数百年にわたって人々が独裁に従い、その後は全体主義国家に従ってきた過去との決別であり、将来への突破口だった。

 同時に進めた新思考外交は、核戦争や環境破壊

この記事は有料会員記事です。残り2058文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!