大学ファンド、研究力アップの切り札か 世界ランク低迷、資金面で大差 国が10兆円拠出、数校を支援へ

有料記事

[PR]

 世界トップレベルをめざす大学を支援する10兆円規模の大学ファンド(基金)の制度設計が大詰めを迎えている。岸田政権が掲げる「新しい資本主義」の成長戦略の目玉政策の一つで、「科学技術立国の実現」を後押しする。国際競争力の低下が続く日本の大学の復活につなげられるのか。

 「日本の研究力がいま、低下傾向…

この記事は有料記事です。残り1993文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント