(評・音楽)新国立劇場「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 全てが活力に満ちた5時間

有料会員記事

[PR]

 昨年、今夏と延期・中止の憂き目をみた、新国立劇場東京文化会館などの共同制作による「ニュルンベルクのマイスタージンガー」。芸術監督の大野和士のタクトをはじめ、すべてが活力に満ちた5時間だった(11月24日)。

 職人親方による歌合戦の物語は16世紀から現代へ。舞台は総監督やスタッフらが集う21世紀…

この記事は有料会員記事です。残り556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。