妊婦や乳幼児、災害時ここへ 授乳など配慮必要な人の避難場所、大学生がマップ

有料記事

[PR]

 災害時、妊産婦や乳幼児の避難生活は大きな困難を伴います。通常の避難所では、受け入れ態勢が十分に整っていないことも多いためです。助けになろうと、妊産婦や乳幼児のための避難場所がどこにあるかを調べ、地図上に表示する活動に大学生らが取り組んでいます。

ここから続き

 産婦人科医で神奈川県立保健福祉大学の吉田穂波教授…

この記事は有料記事です。残り888文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント