野党ヒアリング「やめたらあかん」 立憲・辻元前副代表インタビュー

有料会員記事

[PR]

 10月の衆院選で落選した立憲民主党辻元清美・前副代表(61)が2日、朝日新聞のインタビューに応じた。泉健太新代表が見直しを表明し、官僚を追及する場となってきた「野党合同ヒアリング」について「国会の開会要求をしても(政権が)開かない。『やめる』なんて言ったらあかん。あったほうがいい」と述べた。自身…

この記事は有料会員記事です。残り657文字有料会員になると続きをお読みいただけます。