(人権教育のいま:上)差別、構えず話せる雰囲気を CM作りやワークショップ、同和教育が基盤

有料会員記事

[PR]

 部落差別の解消をめざし各地で盛んだった「同和教育」が、「人権教育」に姿を変えている。SNSによる誹謗(ひぼう)中傷や、新型コロナウイルス感染者への嫌がらせなど、人権侵害の形や種類が多様化。ジェンダーや不平等など「持続可能な開発目標(SDGs)」の視点からも克服すべき課題が多くある。解決のヒントを求…

この記事は有料会員記事です。残り1589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!