(語る 人生の贈りもの)中村敦夫:8 俳優座採用、つかんだ米国留学

有料会員記事

[PR]

 ■俳優・中村敦夫

 俳優座養成所は、最終の3年生になると卒業後の進路を考えないといけません。俳優座、文学座、民芸のいずれかに入るのが当時の新劇界の出世コースでした。

 《1963(昭和38)年、卒業公演が開かれた。各劇団の幹部がやってきて観劇し、採用するかどうかを決めるのである》

 普段から授業…

この記事は有料会員記事です。残り642文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る