ドリトル先生 ガラパゴスを救う:191 福岡伸一 ガラパゴス領有宣言 4

有料会員記事

[PR]

 ドリトル先生は、動物や植物たちにとっては無人島であることが一番良いのだが、無人島であると、また諸外国からどんないちゃもんや甘言(かんげん)があるかわからないので、少しだけなら、そして限られた人数ならば、島を守るためにはしかたがあるまい、と言いました。

 いちゃもんとは、誰も住んでいないなら、先に見…

この記事は有料会員記事です。残り816文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!