(耕論)読みにくい名前は 伊東ひとみさん、ウンサーシュッツ・ジャンカーラさん、橋本聖子さん

有料会員記事

[PR]

 戸籍にある漢字の名前に「読み仮名」を登録することの検討が、法制審議会で始まった。個性的な読み方の名前は、どこまで認められるのか。読み方の規制と自由を考える。

 ■感覚重視の「感字」は残念 伊東ひとみさん(文筆家)

 「読めない名前」は、「常識的な漢字の読み方では考えられない」の意味でしょう。ただ…

この記事は有料会員記事です。残り3575文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!