(フロントランナー)脚本家・渡辺あやさん 物語を紡ぐ、旗を掲げて

有料会員記事

[PR]

 島根県西部の石見地方で暮らし、山中の古民家を仕事場にしている。裏山をのぞむ静かな空間で、心を揺さぶるドラマ、映画の物語を紡いできた。

 阪神大震災15年後の若者を描いたドラマ「その街のこども」(2010年)。初めて手がけた連続ドラマにして「朝ドラの傑作」と言われる「カーネーション」(11~12年)…

この記事は有料会員記事です。残り965文字有料会員になると続きをお読みいただけます。