老いは哀しい、面白い 「綾の鼓」笈田ヨシ×伊藤郁女 肉体と心の相克、三島戯曲と違う結末

有料会員記事

[PR]

 昨年10月に仏アビニョンで世界初演された舞台「綾(あや)の鼓」を、ダンサーの伊藤郁女(かおり)と俳優の笈田ヨシが静岡と横浜で日本初演する。能の楽曲を現代的に翻案した、いわば「モダン能」だ。「巡演するうちに、作品がどんどん変化し、思わぬ形へと育っていくのが楽しかった」と笈田は語る。

 自分に焦がれ…

この記事は有料会員記事です。残り1287文字有料会員になると続きをお読みいただけます。